• HOME
  • >
  • 弁護士の紹介

弁護士の紹介

弁護士の紹介

弁護士滝井聡

神奈川県弁護士会所属

弁護士 滝井 聡(たきい さとし)

神奈川県大和市出身 昭和42年生まれ
 

昭和61年

神奈川県立厚木高校卒業

平成4年

東京大学文学部卒業

平成4年

読売新聞社入社、記者として勤務

平成10年

ある事件の取材をきっかけに司法試験を志す

平成11年

政治記者か司法試験かで悩んだ末、読売新聞社退職

平成14年

司法試験合格(旧司法試験)

平成16年

司法修習修了(57期、名古屋修習)

弁護士登録

東京都内の法律事務所に勤務

平成20年

当法律事務所開設

弁護士滝井聡

 

神奈川県弁護士会所属

弁護士 滝井 聡(たきい さとし)

神奈川県大和市出身 昭和42年生まれ

 

昭和61年

神奈川県立厚木高校卒業
 

平成4年

東京大学文学部卒業
 

平成4年

読売新聞社入社、記者として勤務
 

平成10年

ある事件の取材をきっかけに司法試験を志す
 

平成11年

政治記者か司法試験かで悩んだ末、読売新聞社退職
 

平成14年

司法試験合格(旧司法試験)
 

平成16年

司法修習修了(57期、名古屋修習)
弁護士登録
東京都内の法律事務所に勤務
 

平成20年

当法律事務所開設
 

弁護士の自己紹介

当サイトをご覧いただきありがとうございます。横浜都筑法律事務所の弁護士滝井聡と申します。
拙い文章になると思いますが、思うままに自己紹介を書かせていただきます。 
 
新聞記者時代、司法試験勉強との出会い
私は、かつて文筆業を志し、大学卒業後は新聞記者になりました。 政治記者を志したのですが、ある事件の取材をきっかけに民法の詳しい知識が必要になり、書籍のほか、良い勉強方法はないか友人・知人に尋ねまわりました。
そうしたなかアドバイスされたのが、司法試験の勉強でした。さっそく私は、ある司法試験予備校の説明会に行き、ビデオによる通信講座があったので、すぐに申し込みました。そのとき30歳でした。
仕事で受験を断念 
通信講座は最初は基礎編で憲法から始まり、私は新聞記者として憲法にも興味があったので、面白くてたまらず、どっぷりはまっていきました。 次の民法の基礎講座では、ビデオの中の講師は、今年の試験に向け心構えを何度も語りました。それを聞いて、私も受験したくなり願書を出しましたが、試験当日は仕事があり受験できませんでした。
司法試験は年に1回で、翌年も願書は出しましたが、やはり仕事は忙しく、受験を断念しました。
新聞記者との決別
このように2度、受験を断念していた私は、次は絶対に受けてやろうと思うようになりました。そこへ、勤務先の新聞社から、希望していた政治部へ異動の内示を受けました。
そこで私は、ものすごく葛藤しました。新聞社の政治部記者と司法試験の受験は、両方を目指すのはとても困難です。いずれも捨てがたく、私はさんざん悩んだ末、司法試験の受験を選び、新聞社を退職しました。
司法試験合格、弁護士に
そのとき、通信講座は会社勤務中に遅れに遅れて、試験科目の6法のうち、憲法・民法・刑法は基礎編の終わりごろで、商法・民事訴訟法・刑事訴訟法には全く入っていませんでした。翌年、初受験をしましたが勉強は間に合わず、あえなく落ちました。 
その翌年は、模擬試験では良い成績だったのですが、試験直前にひどい風邪をひいてしまい、当日は高熱で寒け極まりなく目が回り、また落ちました。そこで、その後の1年間は最悪のコンディションでも受験できる訓練をしました。 
そして、3回目の受験で合格し、1年半の研修を経て、弁護士になりました。新聞記者の経験も生かし、親身かつ丁寧なご対応を心掛けております。

交通事故専用サイト
交通事故示談専用サイト
離婚専用サイト
相続専用サイト
債務整理専用サイト
横浜都筑法律事務所

横浜都筑法律事務所
〒224-0032
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎
中央42-21
第2佐藤ビル304
TEL : 045-350-8424
FAX : 045-350-8425
電話受付 平日 9:30~18:00